現代書館
人文一覧思想・評論一覧書名一覧買物カゴを見る

〈期待という病〉はいかにして不幸を招くのか

いま読む! 名著 〈期待という病〉はいかにして不幸を招くのか――ルソー『エミール』を読み直す

装幀 伊藤滋章

坂倉裕治 著
4月13日発売!
判型
四六判 上製 216ページ
定価
2200円+税
ISBN978-4-7684-1013-4

注文数
増やす
減らす
注文数を入力し、押して下さい
ルソーの主著『エミール』は、理想の教育論のような捉え方をされることもあるが、その中身は重層性に富み、複雑である。本書では、その現代性を読み解いていく。日本での『エミール』の歴史的な受容を確認しながらその功罪を検証し、『エミール』の本質である教育論を著者独自の視点で読み直す。ルソーが恐れたのは「利己愛」の膨張であった。次から次へとかきたてられる文化的な欲望(利己愛)に応じる「付加価値が高い商品」が社会、産業構造の中心となる中で、「とめどなき期待」が生み出され、「まぼろしの幸福」に翻弄される日々が続く。そんな中、自身ですらコントロールできない「怪物」になってしまう自分と対峙するための安全装置を、『エミール』から探る。

〈著者紹介・編集担当者より〉
1965年、秋田県生まれ。早稲田大学第一文学部哲学科卒業。慶應義塾大学大学院社会学研究科修了。現在、早稲田大学教育・総合科学学術院教授。専門は、教育哲学、フランス思想。著書『ルソーの教育思想−利己的情念の問題をめぐって』(風間書房、第16回渋沢=クローデル賞受賞)、訳書ルソー『人間不平等起源論』(講談社学術文庫)他。


GO TOP
| ご注文方法 | 会社案内 | 個人情報保護 | リンク集 |

〒102-0072東京都千代田区飯田橋3-2-5
TEL:03-3221-1321 FAX:03-3262-5906