現代書館
福祉一覧障害・福祉・臨床心理一覧書名一覧買物カゴを見る

風の狭間で

風の狭間で――「青い芝の会」・生みの母からの伝言

装幀 伊藤滋章

高山久子 著
7月15日発売!
判型
B6判変型 上製 128ページ
定価
1500円+税
ISBN978-4-7684-3557-1

注文数
増やす
減らす
注文数を入力し、押して下さい
70、80年代に健常者社会へ鮮烈な批判を展開した「青い芝の会」のルーツである障害児学校・光明学校の同窓生の親睦会をつくった高山久子の自伝小説。覚醒し、運動にのめり込むメンバーと微妙な位置を保った「青い芝の母」が見てきたものとは。

[著者紹介・編集担当者より]
高山さんは1926年(大正15年) 東京都生まれ。1957年(昭和32年)、山北厚(初代青い芝の会会長)、金沢英児ら光明学校卒業生の脳性まひ者による「青い芝の会」結成に参加。その後、「空飛ぶ車いすの会」の結成に関与し、1976年(昭和51年)から約9年間会長を務める。「青い芝」は「ふまれてもふまれても、芝のように明るくのびてゆこう」という期待を込めて付けたけ名称。裕福な家庭で育ち、大正ロマンの気風の自由で教養い光明学校で教育を受けた彼女が、その後の青い芝のメンバーに決定的な影響を与えた「マハラバ」村の大仏空和尚や神奈川の中心メンバーとは一線を画しつつも日本の障害者運動の萌芽を見続けてきた。自身のルーツや介助者との関係を含め1世紀に亘る自伝小説です。


【目次】

序 章 カード [二〇〇四年(平成一六年)頃 斐 七十八歳 都内某所]
第一章 大正ロマン [斐の系譜・母・祖父母]
第二章 宣告  [斐 二十代〜五十代]
第三章 父と娘 [一九三五年(昭和一〇年)〜 斐 幼少期] 
第四章 凡庸の [一九八五年(昭和六〇年)〜 斐 五十九歳〜]
第五章 男の論理体系[一九六九年(昭和四四年)〜 斐 四十代]
第六章 「ただ今ー」[一九八五年(昭和六〇年)〜 斐 五十九歳]
第七章 バベルの塔
終 章 判決 [二〇〇六年(平成一八年) 斐 八十歳]
編者あとがき


GO TOP
| ご注文方法 | 会社案内 | 個人情報保護 | リンク集 |

〒102-0072東京都千代田区飯田橋3-2-5
TEL:03-3221-1321 FAX:03-3262-5906