現代書館
福祉一覧障害・福祉・臨床心理一覧書名一覧買物カゴを見る

わたしが人間であるために

わたしが人間であるために――障害者の公民権運動を闘った「私たち」の物語

装幀 アルビレオ

ジュディス・ヒューマン、クリステン・ジョイナー著 曽田夏記 訳
7月27日発売
判型
四六判 上製 336ページ
定価
2500円+税
ISBN978-4-7684-3589-2

注文数
増やす
減らす
注文数を入力し、押して下さい
好評発売中!


1964年の公民権法から取り残され、「二級市民」でもなかった米国の障害者たち。そこに風穴を開けた「リハビリテーション法504条項」誕生の背景に、当事者たちの粘り強い運動があった。リーダーとして政府機関に乗り込み、25日間占拠したジュディス・ヒューマン。障害を理由に学校や就労から排除され、それでも「人間であるために」闘ったジュディが、今日もなお差別と闘い続ける「私たち」へ贈るライフストーリー。

【著者紹介・担当編集者より】
ジュディス・ヒューマン

1947年生まれ。障害者運動・自立生活運動の世界的リーダー。1970年代から、多様な障害当事者団体(バークレー自立生活センター、米国障害者協会)、NGO、政府機関での活動を通じ、障害者の人権を前進させる法制度の発展に貢献した。クリントン・オバマ両政権で障害分野の特別アドバイザーを歴任、 また、世界銀行初の「障害と開発」アドバイザーとして、国内外における障害者の権利擁護に尽力した。米国・ワシントンD.C.在住。


クリステン・ジョイナー

社会起業家・文筆家。国際的な非営利セクターで多数の受賞歴を誇る。排除・居場所・不平等・社会変革に関する記事を、「スタンフォード・ソーシャル・イノベーション・レビュー(Stanford Social Innovation Review)」など、様々な媒体で発表している。ニュージーランド・オークランド在住。

曽田夏記(ソダ・ナツキ)

1984年生まれ。自立生活センターSTEPえどがわ職員、DPI(障害者インターナショナル)日本会議特別常任委員。東京大学教養学部卒業(国際関係論専攻)。大学在学中に障害者となり、2008年から国際協力機構(JICA)勤務。その間、休職しフィリピン農村部の障害者団体で2年間活動したことが契機となり退職、日本の障害者運動に参画。現在、地域での個別支援活動、全国での権利擁護運動等に従事。


【目次】

ジュディより、日本の読者のみなさまへ
ジュディからのメッセージ
プロローグ

第T部 一九五三年 ブルックリン・ニューヨーク
第一章 蝶
第二章 不服従
第三章 闘うか闘わざるべきか
第四章 飛び立つ恐怖

第U部 一九七七年 バークレー・カリフォルニア
第五章 とらわれて
第六章 占領軍
第七章 戦場の兵士
第八章 ホワイトハウス

第V部 一九八一年 バークレー・カリフォルニア
第九章 応酬
第十章 チンゴナ 
第十一章 人間
第十二章 私たちのストーリー

あとがき

解説 尾上浩二
訳者あとがき


GO TOP
| ご注文方法 | 会社案内 | 個人情報保護 | リンク集 |

〒102-0072東京都千代田区飯田橋3-2-5
TEL:03-3221-1321 FAX:03-3262-5906