現代書館
社会一覧スポーツ一覧書名一覧買物カゴを見る

拳の近代

拳の近代――明治・大正・昭和のボクシング

装幀 奥冨佳津枝

木本玲一 著
11月19日発売!
判型
四六判 上製 360ページ
定価
2600円+税
ISBN978-4-7684-5835-8

注文数
増やす
減らす
注文数を入力し、押して下さい
本書は、「ボクシングを日本で始めた人物は誰か?」を追う中で、一人の「主役」的人物に注目する。それが「拳聖」ピストン堀口(1914〜1950)である。日本チャンピオン、東洋フェザー、バンタム級チャンピオンでもあったボクシング黎明期のスター選手を通して日本ボクシングの歴史を俯瞰する。
世界と伍すことのできる数少ない国際選手であったピストン堀口の天才的なファイトスタイルは絶大な支持を集めた。当時の日本社会とボクシングというスポーツがどのように共鳴し、大衆的人気を獲得するに至ったのかも明らかにする。
これまで、あまり言及されることの無かった傑物たちの息吹が、日本ボクシングの歴史の中から蘇ってくる。読み物としてとびきり面白い一冊!


GO TOP
| ご注文方法 | 会社案内 | 個人情報保護 | リンク集 |

〒102-0072東京都千代田区飯田橋3-2-5
TEL:03-3221-1321 FAX:03-3262-5906