現代書館
人文一覧歴史・民俗・民族一覧書名一覧買物カゴを見る

三竈島事件

三竈島事件――日中戦争下の虐殺と沖縄移民

装幀 大森裕二

蒲 豊彦 編著/浦島悦子・和仁廉夫 著
9月7日発売!
判型
四六判 上製 288ページ
定価
2800円+税
ISBN978-4-7684-5839-6

注文数
増やす
減らす
注文数を入力し、押して下さい
マカオ南西部に位置する三竈島(さんそうとう)。その島で、かつて大量虐殺による占領が行われたことは、ほぼ知られていない。1937年、日中戦争の本格化に伴い、日本海軍は島を華南地方占領の足場とすべく、航空基地を設置。島を制圧する際には海上封鎖、島民の虐殺、中国ゲリラとの抗争などが繰り返され、その後、無人島と化し広大な耕地が残された。1939年、沖縄から三竈島への移民が開始。主な仕事は、海軍が買い上げる米など農産物の生産であった。本書は、沖縄農業移民の三竈島での暮らし振りを伝えるとともに、台湾に近い立地故、戦後は国共内戦時に国民党軍の撤退センターとなった三竈島を巡る激動の歴史を詳細に追った第一級のドキュメント。


GO TOP
| ご注文方法 | 会社案内 | 個人情報保護 | リンク集 |

〒102-0072東京都千代田区飯田橋3-2-5
TEL:03-3221-1321 FAX:03-3262-5906