現代書館
社会一覧映像・写真・作品一覧書名一覧買物カゴを見る

路上の映像論

路上の映像論――うた・近代・辺境

装幀 毛利一枝

西世賢寿 著
10月25日発売!
判型
四六判 上製 360ページ
定価
3600円+税
ISBN978-4-7684-5867-9

注文数
増やす
減らす
注文数を入力し、押して下さい
好評発売中!

本書で取り上げる映像作品は、NHKドキュメンタリー史上最長とも言われる5時間超の大作「大菩薩峠―果てなき旅の物語」(2004年)、「月ぬ美(かい)しゃ 八重山うた紀行」(2003年)、「白い大道―流浪の唄者・里国隆を探して」(2005年)、「熱狂!河内音頭―ヤンレー節・鳴門家寿美若の夏」(2006年)、「海鳴りのなかを―詩人・金時鐘の60年」(2007年)、「小良ヶ浜ふたたび―福島・原発の浜の漁師たち」(2013年)、そして詩人・吉増剛造をとりあげた「詩の傍(そば)で」(2018年)である。浪花節、説経節、口説節、河内音頭、木崎節、さらには琉球列島の島唄の数々……、日本の「語り物芸能」の世界を疾駆する映像ドキュメンタリーの醍醐味を存分に紹介。

NHKの名物ディレクターが照射する辺境の深淵!
河内音頭等 、貴重な音源を収録したCD付き !

【著者紹介・担当編集者より】
西世賢寿(にしよ・けんじゅ)
NHKの名物(異色)ディレクター。これまで「浪花節と日本人」(2回、1997年)、「熊野 「不死の国」の物語」(1999年)など数多くの特集番組を制作してきた(2014年に退職)。


【主な目次】
序章  終わりなき旅が始まる――『大菩薩峠』・宇治山田の米友のために
第1章 “境界の家”で――福島の海、沖縄の海
第2章 大菩薩映像論――語り物としてのドキュメンタリー
第3章 月ぬ美しゃ――南島からの声
第4章 奄美・流浪の唄者 異国隆を探して――ある映像シナリオの旅
第5章 大阪・河内音頭行――辺界から押し寄せる“うた”
第6章 涯ての詩聲――金時鐘と吉増剛造、言葉果つる路上で


GO TOP
| ご注文方法 | 会社案内 | 個人情報保護 | リンク集 |

〒102-0072東京都千代田区飯田橋3-2-5
TEL:03-3221-1321 FAX:03-3262-5906