現代書館
社会一覧社会問題一覧書名一覧買物カゴを見る

下手くそやけどなんとか生きてるねん。

下手くそやけどなんとか生きてるねん。――薬物・アルコール依存症からのリカバリー

装幀 大森裕二

渡邊洋次郎 著
11月8日発売!
判型
四六判 並製 232ページ
定価
1800円+税
ISBN978-4-7684-5871-6

注文数
増やす
減らす
注文数を入力し、押して下さい
好評発売中!

中学生のときに不良グループから強制的にシンナーを吸わされ、鑑別所、少年院へ。18歳でホストになったことをきっかけに酒に溺れ、アルコール依存症等で精神病院への入退院は48回。30歳で窃盗などで刑務所にも3年間服役。末期がんの父親の最期にも立ち会わず仲間と薬物にふけり、家族とも断絶。出所後、「リカバリハウスいちご」とつながり、ピアカウンセリングや就労支援を受け、10年以上をかけて少しずつ回復。現在は、同団体員として働いている。当事者の立場から、アルコール・薬物依存の治療の場である精神科医療の閉鎖病棟、保護室、拘束帯など、様々な人権侵害を指摘。依存症回復者が地域社会で生きる際の課題、家族・医療者・支援者の心構え、日本の依存症対策の問題点なども列挙。

【著者紹介・担当編集者より】
1945年、大阪府生まれ。介護福祉士。現在、依存症回復支援施設の職員。


【主な目次】
第1部 ある依存症者の生き様――リカバリー、それは「生きる」ことへの根源的な問い掛け
 第1章 生きづらさを非行で表現していた幼少期〜思春期
 第2章 アルコールに溺れ、精神科・刑務所を入退院、自傷を繰り返した青年期
 第3章 リカバリハウスいちごとの出会い
 第4章 ピアサポートとは

第2部 依存症からの回復のために必要なこと――当事者として、支援者として、社会に向けての提言
 第1章 依存症者としての自分自身を振り返って
 第2章 依存症者としての経験から支援を考える
 第3章 依存症者として生きる私からの社会への提言


GO TOP
| ご注文方法 | 会社案内 | 個人情報保護 | リンク集 |

〒102-0072東京都千代田区飯田橋3-2-5
TEL:03-3221-1321 FAX:03-3262-5906