現代書館
社会一覧社会問題一覧書名一覧買物カゴを見る

司法はこれでいいのか。

司法はこれでいいのか。――裁判官任官拒否・修習生罷免から50年

装幀 大森裕二

23期・弁護士ネットワーク 著
4月5日発売!
判型
四六判 並製 368ページ
定価
2000円+税
ISBN978-4-7684-5897-6

注文数
増やす
減らす
注文数を入力し、押して下さい
好評発売中!

1960年代後半から、民意を反映する判決を書く裁判官に対する最高裁事務総局による転勤先や報酬額を巡る嫌がらせが横行するようになる。その象徴的な事件が、1971年4月5日の司法修習終了式で起こった阪口徳雄氏の修習生罷免であった。半世紀前に、裁判官任官拒否、修習生罷免を体験したことは法律家たちに厳しい試練の時を刻んだ。しかし青年たちは苦難を乗り越え、法曹資格を回復し、多様性豊かに人々の希望を開いた。本書は、その群像の記録である。一人でも多くの読者に、良心という力のメッセージを届けたい。


【主要目次】

第1章 任官拒否、修習生罷免、そして法曹資格回復
第2章 群像――1971年春 
     本田雅和(ジャーナリスト)
第3章 生涯と生きがいを語る
第4章 司法官僚――石田和外裁判官の戦後
     西川伸一(明治大学政治経済学部教授)


【23期・弁護士ネットワーク】

阪口徳雄  梓澤和幸  井上善雄  宇都宮健児 
海川道郎  大江洋一  河西龍太郎  木嶋日出夫
木村達也  郷路征記  児玉勇二  小林和恵
澤藤統一郎  城口順二  瑞慶山茂  豊川義明
中山武敏  野田底吾  藤森克美  本多俊之
松岡康毅  宮地義亮  村山晃  持田穣  森野俊彦
山田万里子  山田幸彦  安田秀士  吉村駿一

司法が骨抜きにされたターニングポイントを克明に記録し、
苦難を乗り越えて希望を開いた法律家たちの群像を活写!


GO TOP
| ご注文方法 | 会社案内 | 個人情報保護 | リンク集 |

〒102-0072東京都千代田区飯田橋3-2-5
TEL:03-3221-1321 FAX:03-3262-5906