現代書館

岡田啓介――開戦に抗し、終戦を実現させた海軍大将のリアリズム

装幀 奥冨佳津枝
山田邦紀 著
7月23日発売!
判型
四六判 上製 328ページ
定価
2400円+税
海軍軍人(最終階級は海軍大将)、連合艦隊司令長官、海軍大臣、逓信大臣、拓務大臣、内閣総理大臣(在1934‐36年)を歴任した岡田啓介(1868‐1952)は、日本現代史に実は大きな役割を果たした人物だ。
慶應4年・明治維新の年、現福井市に生まれ、海軍軍人として日清・日露戦争に従軍。日本海海戦では対バルチック艦隊戦に参戦。後年、海軍大臣としてロンドン軍縮会議で艦隊削減を実現。首相在任中の天皇機関説事件では美濃部説支持を示したことで軍や右翼から攻撃される。二・二六事件では決起部隊に襲撃され義弟が殺害され、事件後には被害者である岡田のほうが引責辞任。退任後は重臣として日米開戦回避に尽力、開戦後は東條打倒を画策し、鈴木貫太郎と協力しながら和平を実現した男であった。
良質な保守思想、現実的な軍事思想、平和を求めるリアリズムを体現した岡田の生涯を詳解する。

[著者紹介・編集担当書より]
〈昭和の戦争と平和〉を考えるとき岡田は最重要人物だ。これだけドラマチックな生涯を送りながら、注目しないのは実に勿体ない。天皇機関説事件への取り組み、二・二六事件の経緯、東條内閣倒閣運動、終戦工作などに直接関与した岡田は昭和史の最前線にいた男である。海軍のトップに立ち、首相も歴任した岡田をしても止められなかった〈戦争の流れ〉を作ったものは何だったのか? そして、一度始めた戦争を止めることはなぜこんなにも困難なのか? という課題が岡田の生涯を通じて浮き彫りになる。岡田こそ21世紀の日本にとって貴重な歴史教訓を与えてくれる人物だ。今、日本人は岡田について知るべきである!
ISBN978-4-7684-5836-5


注文数
増やす
減らす
注文数を入力し、押して下さい


GO TOP
| ご注文方法 | 会社案内 | 個人情報保護 | リンク集 |

〒102-0072東京都千代田区飯田橋3-2-5
TEL:03-3221-1321 FAX:03-3262-5906