現代書館

入所施設だからこそ起きてしまった相模原障害者殺傷事件――隣人を「排除せず」「差別せず」「共に生きる」ための当事者視点の改革

装幀 河東田 文
河東田 博 著
7月3日発売!
判型
A5判 並製 184ページ
定価
1800円+税
相模原事件は入所施設だからこそ起こった大量殺傷事件である。入所施設の実態を歴史的・社会的・構造的に明らかにし、神奈川県から2017年10月に出された「津久井やまゆり園再生基本構想」の問題点をも指摘し、脱施設の道筋を探る。

[著者紹介・編集担当書より]
1987年、知的障害者の都立入所施設職員だった著者は、内部からの改革の困難さ故に職員を辞め、スウェーデンに渡り、ストックホルム教育大学大学院で学ぶ傍ら、自立生活運動とパーソナル・アシスタンス制度の提唱者アドルフ・ラツカ氏、「ノーマライゼーション育ての父」ベンクト・ニィリエ氏と交友関係を結び、二人の書籍を翻訳、パーソナル・アシスタンス制度とオリジナルのノーマライゼーション思想を日本に紹介する。帰国後、四国学院大学・徳島大学・立教大学教授として知的障害者の当事者活動と日本および諸外国の脱施設の研究を一貫して続け、ノーマライゼーション、脱施設研究の第一人者となる。また、地域で知的障害者自身が主体となる本人活動、政策決定過程への当事者参画を支援してきた。現在、浦和大学教授。

施設職員としての体験を持ち、そのベースから施設解体を唱えてきた著者だからこそ見えてくる、入所施設の現実−−障害を抱えて生きることの苦労を知らない施設職員たちに自分の人生を懸命に生きようとする利用者の人生が握られている−−。その中でこそ起きた事件であるということを本書で明らかにする。神奈川県の「津久井やまゆり園再生基本構想」が打ち出した、入所施設を基盤にした個室・ユニット化、小規模分散化、地域移行策では本質的な解決にならないことに言及。これだけの事件が起きても入所施設の在り方を根本的に変えようとしない、日本の障害福祉行政への著者からの最後通牒でもある。

ISBN978-4-7684-3563-2


注文数
増やす
減らす
注文数を入力し、押して下さい


GO TOP
| ご注文方法 | 会社案内 | 個人情報保護 | リンク集 |

〒102-0072東京都千代田区飯田橋3-2-5
TEL:03-3221-1321 FAX:03-3262-5906