現代書館

きりえや偽本大全――名作文学パロディの世界

装幀 大森裕二
高木亮 著
8月10日発売!
判型
四六判 上製 244ページ
定価
2000円+税
好評発売中!


きりえやの高木亮氏が長らく作り続けてきた「偽本ブックカバー」の単行本化。『罪と罰』や『人間失格』などの各国の著名な文学作品名を、『罪と獏』『人間ひっかく』などともじった切り絵と、そのもじりから連想される架空のあらすじをまとめた作品集である。
高木氏のかわいくておかしい切り絵と絶妙な?の世界は、これまで多くのファンを魅了してきた。
今回の書籍化にあたっては名作文学のブックガイドとしての側面を果たすため、各章末には原作本のあらすじを書誌情報とともに紹介。
文学史を学ぶ学生から文学好きな年配の方まで幅広く楽しめる本を目指し、最終的にはこの本を通じて読者に世界の名作のおもしろさを知ってもらえる本にできればと願っている。


【著者紹介・担当編集者より】
高木亮(タカギ・リョウ)
1971年香川県生まれ、きりえ画家。
大学在学中から切り絵を始める。
単著として『ねこ切り絵』『12か月のねこ切り絵』(誠文堂新光社)、『画文集ユメとバルーン』(ビーナイス社)がある他、CDジャケットや音楽教科書(令和2年度版・小学3年生)に作品が掲載される等、幅広く活躍中。
2008年から「偽本シリーズ」製作開始、大学図書館や書店でおこなってきた「偽本展」は10回に及ぶ。なお、偽本作品の大半の初出は新潮社発行の『新潮45』になる。

『カラマーゾフの兄弟』『二都物語』『金色夜叉』……。タイトルだけは知っているけれど、なかなか手が出しにくい世界の、日本の名著。そんな名著のタイトルをもじった精巧な切り絵と、それに合わせた架空のあらすじが付されたブックカバーを書店のフェアで初めて見た時、これは文学好きにも、文学初心者にもぜひとも見てもらわなくては!と思いました。
買い漁ったブックカバーを家族や友人たちに贈るうちに、これを一冊の本にまとめて名著のブックガイドを作りたいという思いがむくむくと湧き上がり、ノリノリの著者と進めることとなりました。脚注や読者アンケートや類書案内など、もともとのブックカバーには入っていなかったコラムもたくさん収録されているので、偽本ブックカバーファンにもぜひお手に取っていただきたいです。


【目次】

海外文学
その1 ロシア文学
その2 イギリス文学
その3 フランス文学
その4 ドイツ文学
その5 アメリカ文学
その6 海外その他

越境文学
その1 ぼくの叔父さん/タイ人
その2 風呂文学

日本文学
その1 説話・紀行
その2 明治〜大正
その3 昭和

おまけ
ISBN978-4-7684-5903-4


注文数
増やす
減らす
注文数を入力し、押して下さい


GO TOP
| ご注文方法 | 会社案内 | 個人情報保護 | リンク集 |

〒102-0072東京都千代田区飯田橋3-2-5
TEL:03-3221-1321 FAX:03-3262-5906